アップデートとはどういう意味?無料なの?iPhoneやアプリのアップデートのやり方、時間を教えます!

スポンサーリンク
アップデート

ちょくちょくいただく質問で

アップデートってなに?アップデートとはどういう意味なの?

といった質問をされる方がいらっしゃいます。

なので、ここではアップデートってなに?どういうこと?
なにしたらいいの?

といった疑問から、アップデートしなかったらどうなるのか?

アップデートの仕方などをお伝えしていきますね(^^♪

アップデートとは?なに?どういうことですか?意味を教えて!

 

そもそも、パソコンやスマホといったデジタル機器を開発した人たちは、セキュリティ上の問題や、お客様から要望があった不具合を直していくことをしています。

 

貴方が使っているスマホやパソコン、アプリなどを開発した人たちは、そういった問題を改善をするために修正用のプログラムを、日々研究しているわけなんですね。

 

で、研究の末出来上がった、修正用のプログラムをアップデートプログラムとして配信していくんですよね。

 

配信の頻度は、出来上がり次第って形になるので、不定期の配信になります。

 

その配信されたプログラムを、自分が使っているスマホやパソコンなどに取り込むことを「アップデート」と言います。

 

また、アップデートの目的としてウイルス感染を防ぐための、セキュリティアップデートなどもあります。

アップデートとは 無料なの?有料なの?

 

お客様の中には、アップデートをすると自分の知らない間に、勝手に課金されてしまうって思われている方がいらっしゃいます。

 

また、「アップデート」のボタンを押すと、お金を払わないといけなくなる、と思われている方がいらっしゃいます。

 

ですが、安心してください!アップデートはもちろん無料です( ´∀` )

 

このアップデートは、製品開発元のアフターフォローを、無料で受けているようなもの。

そう考えると、無料でアフターフォローしてもらえるって、超お得ですよね( *´艸`)




ちなみに、アップデートが必要なものの一例を下に記載しておきますね。

・パソコンのOS(WindowsアップデートやMacOSのアップデートなど)

・スマートフォンのOS(AndroidアップデートやiOSのソフトウェアアップデートなど)

・パソコンにインストールしているソフトウェア(アプリとも言います)のアップデート
例:セキュリティソフト・はがき作成ソフト・動画編集ソフトなど・・・

・スマホにインストールしているアプリのアップデート
例:fecebookアプリ・Twitterアプリ・googleMap・Gmailアプリなど・・・

・テレビ(地デジになってから、システムのアップデートがされてるんですよね。)

 

アップデートしないとどうなる?

 

アプリやソフトのアップデートをしないまま、古いバージョンで使い続けると、しばらくは問題なく使えるでしょう。

 

しかし、サポート終了から1年くらい過ぎると、ソフトやアプリの不具合(バグ)などがでてきます。

 

不具合が起きたままで我慢してつかっていくのか?

それとも素直にアップデートするのか?

 

という選択をしないといけなくなります。

 

バグや不具合が出た状態で頑張って使い続けたとしても、サポート終了から2~3年が過ぎると、いきなりアプリやソフトが立ち上がらなくなって、ソフトで保存していたデータも取りだすことができない状態になってしまいます。

 

そして、今使っているバージョンよりも、古いバージョンに戻すこともできません。

 

で、結局アップデートしないと治らないってことになるんですよね。

 

最終的に、やっぱり最新版にアップデートすることになります。

 

OSやアプリやソフトウェアのアップデートは、デジタル機器を使っているうえで、避けて通ることができないんですよね。

アップデートすると不具合がおこる?

 

だからと言って、アップデートが公開された直後に、安易にアップデートするのもおすすめできません。

 

本当に一部にはなりますが、アップデートしたことが原因で、開発側でも予測できない、別の不具合が発生することがあるからなんですよね(><)

 

なので私は、アップデートが公開されてもすぐにはアップデートしません。

2~3か月待って、アップデートで発生した不具合の修正版がリリースされたことを確認してから、アップデートを行うようにしています。

 

タイミングも大事なんですよ(^_-)-☆




アップデート不具合のお問合わせのなかでも、特に多いのが、OSのアップデートが原因の不具合なんですよね。

 

例えば、WindowsアップデートやiPhoneのソフトウェアアップデートをした直後の不具合であった事例を一部紹介しておきます。

windowsアップデートの不具合例
・動画の音声が出なくなった
・Outlookメールが起動しない
・パソコン自体が起動してこない
etc…
アップデート iphone の不具合
・バッテリーの減りが早くなった
・Wifiにつながらなくなった
・文字入力時にタイムラグがでてくる
etc…

 

アップデートのやり方・方法・時間は? iphoneの場合

ではここで、iPhoneでの基本的なiOSのアップデートとアプリのアップデートの仕方

それからアップデートにかかる大まかな時間を記載していきますね。

 

なぜiPhoneかというと、私個人で使っているスマホがiPhoneだからです( *´艸`)

 

なので、独断と偏見でiPhoneを例に、ソフトウェアアップデートとアプリのアップデート方法を記載しますね(^^♪

アップデートのやり方 iphone

iPhoneのOSをアップデートのことを「ソフトウェアアップデート」と言います。

 

iPhoneのアップデート方法には、パソコンを使ってアップデートする方法もありますが、パソコンを開いたりといった手間がかかるんですよね。

 

また、パソコンを持っていない人だっていらっしゃいます。

 

なので、スマホだけでできる、私がいつも行っているアップデート手順をお伝えしますね。

 

【ソフトウェアアップデート手順】

ソフトウェアアップデートを始める前の注意点

・まれに、アップデートに失敗することもあります。
万が一に備えて、iPhoneに保存されている大切なデータをバックアップしておましょう。
データのバックアップに便利でおすすめなのが、iCloudです。

・ソフトウェアアップデートは、たくさんのデータ通信を使用します。
なので、Wi-Fi環境でのアップデートをお勧めします。

注:大きな容量の通信をしますので、モバイル通信(4G/LTE)で行うと課金されてしまう可能性があります。

・ソフトウェアアップデートの前には、バッテリーを100%に充電しておきます。
注:念のため、充電ケーブルをつないでからアップデートすると安全です。




 

①歯車マークの[設定]アプリを開きます。

 

 

②画面を下に下がって[一般]を開きます

 

 

③[ソフトウェアアップデート]を開きます。

 

 

③[ダウンロードしてインストール]をタップ。






④「パスコードを入力」画面がでたら[iPhoneのロック解除用のパスワード]を入力します。

 

⑤「利用規約」が表示されたら右下の[同意する]をタップします

 

⑥アップデート用のデータのダウンロードが始まります。
ダウンロードが完了するまでお待ちください。

 

あとは、iPhone自体が自動でアップデートされます。

 

アップデート にかかる時間@iphoneの場合

ソフトウェアアップデートにかかる時間は、その時によって異なります。

早くっても20分くらいかかりますし、長くかかる場合だと数時間かかります。

 

要するにかなりの時間がかかることがあるので、時間に余裕があるときに行うことをお勧めします。

 

ちなみに、私の場合は、自宅にWi-Fiがあるので、寝るときにソフトウエアアップデートを行っています。

 

充電ケーブルをつないで、ソフトウェアアップデートを実行してから、お布団に入って就寝するんですね(^^♪

 

アップデートすると、たま~に不具合が起こることがあるんですよね。

 

なので、アップデートを実行した翌日は、朝起きたら、必ず不具合がないかをチェックする癖が付いちゃいましたけどね(;^_^A

 

アプリのアップデートのやり方@iphone

 

①「AppStore」を長押し  





②出てきた画面から「アップデート」を押す

 

③「購入済」を押す

 

④アップデートしたいアプリの「アップデート」を押す

 

 

⑤あとは自動でアップデートが完了するのをお待ちください。

 


 

ということで、今回はアップデートについてお話させていただきました。

私がiPhoneユーザーなので、手順はiPhoneでの画像をのせました。

 

Androidについては、別の記事で書いていきますので、楽しみに待っていてくださいね(^^♪

今日も、ご覧いただきありがとうございました(*^_^*)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました